ホルモン剤を服用する前に副作用について知っておこう

ホルモン剤を服用したいけれど副作用が気になる・・・そんな場合は前もって調べて置きましょう。 - ホルモン剤を服用する前に副作用について知っておこう

ホルモン剤を服用する前に副作用について知っておこう

薬を服用する際は、医師の指示に従い信じて使うべきですが、副作用のリスクについても知っておきましょう。知識があるだけで、不用意なトラブルを避けることができます。特にホルモン剤は、容量や使用法を間違えると、病気を悪化させる可能性が否めません。

ホルモン剤には様々な種類がある

ホルモン剤にも様々な種類があります。最も繁用されているのはエストロゲンでしょう。女性ホルモンと呼ばれるタイプです。通常は排卵前に多く分泌され、女らしさを演出する作用があります。不足すると月経不順になりがちです。
排卵後に分泌が増えるのはプロゲステロンです。こちらは受精や妊娠の準備をするホルモンです。過剰になると冷え性や月経前症候群(PMS)を引き起こす可能性が示唆されています。
乳がん治療に際しては、エストロゲンの分泌を抑制するために、あえて男性ホルモンを投与することもあります。つまりエストロゲンが優位に働くと乳がんや子宮がんを悪化させるリスクが高まるためです。

効果と副作用は裏表です

薬の効果と副作用は、裏表の関係です。量が足りないと効果が出ません。逆に多すぎたり使い方を間違えると副作用が起きます。
また副作用の種類も様々です。胃腸が弱い人であれば、どんな薬を服用しても胃痛や下痢になってしまいがちです。もちろん薬自体に対するアレルギーもあります。
明らかに症状が悪化したり耐え難いレベルであれば、使用を止めるべきです。とはいえある程度の副作用は我慢しないと、治るものも治りません。

副作用が起きる原因も多種多様

ncghtd
副作用が起きる原因も多種多様です。昨今指摘されているのは遺伝的な素因による個人差です。薬に合う合わない、有害成分の分解力に大きな違いがあることが確認されています。
薬自体の性質も、副作用を生じさせる原因です。特にホルモン剤であれば、ちょっとバランスが崩れただけで、症状が悪化するケースも少なくありません。
当然ですが服用量や使用方法を間違えると、効果がないだけではなく重篤な状況を引き起こす危険があります。医師や薬剤師の指示には必ず従いましょう。
なお同じ薬であっても、その時々の体調によって反応が異なることもあります。病気の時ではなおさらです。薬の服用中は、ストレスや疲れを溜めず、無理をしてはいけません。
薬の飲み合わせも心配です。複数の医療機関を受診していたりサプリメントを服用する場合には、医師、薬剤師にその旨を伝えましょう。

ホルモン剤を服用してはいけない人

ホルモン剤は誰にでも有効とは言えません。逆に服用してはいけない人たちがいます。第一に妊婦さんや妊娠の疑いがある人は禁忌です。流産する危険は否めません。
エストロゲンは血液を固めやすい性質があります。そのため心筋梗塞など循環器系疾患の既往歴がある人は、医師に必ずその旨を伝えましょう。生活習慣病の人も要注意です。
乳がんなどの治療を受けている人であれば、民間療法などにも頼りがちです。しかしホルモン様物質などがあれば、治療効果を無にしてしまいます。

市販のホルモン剤を使う場合の注意点

正式なホルモン剤ではありませんが、ホルモンのような作用を示す成分を有するサプリメントが市販されています。
例えば大豆イソフラボンがあります。エストロゲンに似た働きがあり、有効性が謳われています。また美容目的で使われるプラセンタもホルモン剤としての効果が期待されています。
現状において重篤な副作用は報告されていませんが、使用上の注意には必ず従いましょう。今後何が起きるかは、誰にもわかっていません。

リスクを知っておきましょう

副作用を恐れていては、正しい治療ができません。医師の指示を信じるべきです。しかし違和感があれば、それが副作用なのかどうか、判断できることも重要です。そのためはホルモン剤のリスクについて正しく知っておくことが大切です。

ホルモン剤をお求めの方に

ホルモン剤をネットで購入
■http://www.okusurizukan.info/